根管治療中に器具の破折が、、、|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

根管治療中に器具の破折が、、、

投稿日:2018年7月6日

カテゴリ:根管治療

こんにちは。Dr.カズヒロです。

歯科の治療中に関わらず、医療の現場ではイレギュラーなことはどうしても起きてしまいます。そのリカバリーとして最善の処置を行うことは非常に大事なことですよね。

今回の内容はそんなリカバリーの症例になります。

それはマイクロスコープを使用しながら根管治療中を行っている時でした。

通常通り根管内を拡大形成し、機械的な清掃を終えて超音波洗浄を行なっていました。

洗浄を終えて、超音波チップの先端を取り出してみると、、、、

先端が折れていました。おそらく過剰な力が瞬間的にかかってしまったものかと思われます。

恐る恐るマイクロスコープを覗いてみると、、、

見えますか?

チップの先端部が折れてしまっています。

基本的に根管治療の際に使用している器具などは滅菌をかけてあるので、仮にこの状態で最終的なお薬を入れても感染のリスクは低いでしょう。

(当然、ラバーダム等の処置をしてあることが大前提ですが)

ただ、やはりしっかり除去できるものはしていきたいのでトライしていきます。

マイクロスコープで破折したチップの位置、ハマり具合などを確認し、超音波チップを長細いものに変えて振動を与えていきます。

何度かトライしていくと、、、

銀色の針金のようなものがあります。無事に取り除くことができました。

このように、医療において絶対はありません。人が行う以上、エラーはどうしても起きてしまうことがあります。

大切なのはそれをリカバリーすることです。今回も患者さんにはしっかりと折れてしまったこと、無事に除去できたことはお伝えしました。

根管の中で破折してしまったものを取り除くのは容易なことではありません。しかし、マイクロスコープや超音波を駆使して、トライすることは大事ですよね。

国立市で根管治療でお悩みの方、ぜひ一度当院にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る