根管治療(歯の神経)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

根管治療(歯の神経)

マイクロスコープ歯内療法で抜歯回避率の向上を目指します

歯の神経治療

壱番館デンタルオフィスでは、歯の神経部分(根管)の治療である歯内療法を精密に行っております。このため、国立だけではなく他の地域からも抜歯を避けたい患者様がお見えになっております。根管治療をいかに高い精度で行うかによって、歯を抜かなければならないかが左右されるケースが多くあります。できる限り歯を抜くことなく治療を行いたいという方のため、当院ではマイクロスコープを始めとする様々な専用器具を駆使して治療を行っております。

抜歯をする前に~セカンドオピニオンの勧め~

他の歯科医院で「抜歯が必要です」と言われた場合でも、時には抜歯せずに治療を行えることがあります。

当院には他医院から抜歯の診断を受けた患者様も多くご来院されます。本当に抜歯の必要があるかどうかを判断するために、セカンドオピニオンを受けてみることをお勧め致します。

根管治療の手順について

① 対象は重度の虫歯です

重度の虫歯

まだ軽い段階での虫歯は、根管にまで細菌が感染していないので根管治療の対象とはなりません。

② 根管の清掃をまず行います

根管清掃

神経の通る穴である根管は、細く曲がりくねっているために目では完全には見られません。リーマーやファイルという器具を用いて清掃します。

③ 次に根管の殺菌を行います

洗浄剤

清掃後に特殊洗浄液を流し込むことで、細菌を徹底的に殺菌し、再感染リスクの低減を図ります。

④ セメントを流し込みます

セメント剤

殺菌と消毒まで終わったら、歯科用の殺菌効果のあるセメントを流し込みます。これも再感染防止のための方法の一つです。

⑤ 根管が封鎖されます

無菌状態

セメントが固まるのを待ちます。封鎖が完了することで、再感染リスクが軽減されます。

⑥ 被せ物を装着します

被せ物装着

治療の際に歯の上の部分を削ったため、被せ物を装着することで元通りに改善します。

精度の低い一般的な根管治療では、再発率はなんと80%以上にも!?

無菌化根管治療においては、歯の神経が通っていた細く曲がりくねった穴を、暗くてよく見えない口の中へ器具を差し込みながら清掃・除菌をしていくことになります。そのため、汚れや細菌を見落としたままに治療を終え、封鎖まで完了してしまうこともしばしば起こり得ます。

そうなると再感染のリスクが高まってしまうのです。根管治療の再発ケース(再根管治療)は、ほとんどが抜歯しなければなりません。このように根管内の清掃や除菌の精度が抜歯の有無を左右するといっていいのですが、それには非常に高度な技術が求められます。

保険適用内の精度の低い根管治療では、再発率は80%以上ともいわれています。

再発しない根管治療のために必要なもの

①マイクロスコープ

マイクロスコープ

根の治療で大事なのはいかに根管の中を綺麗にするかと緊密に充填するかが大事になります。なので根管内が綺麗になればもう根の治療は終われます。ただし、その綺麗できるかどうか、また、綺麗になったかどうかの確認はマイクロスコープが必要にはなって来ます。この点からもマイクロスコープの有無は根管治療にとっては重要になります。

②その他高精度治療可能な環境

歯根の破折

マイクロスコープの他に、ラバーダムによる感染予防対策と、ニッケルチタンファイルによる精度の高い根管内清掃などが必要です。また、歯根のヒビを染め出す特殊な液体を使って、歯根破折有無を必ず確認するということでも重要です。

③歯根端切除術とMTA

歯根端切除術

歯根端切除術というのは歯の根元の一部を切除する方法であり、MTAセメントは最新の殺菌セメントです。このような高度な治療法と、最新の薬剤の導入も再発しない、また、抜歯にならないための根管治療を行うためには必須です。

マイクロスコープを使った根管治療の方法、期間は?

根管治療該当部位は左下の7番目の歯、以前に根管治療を受けたことがある歯になります。元々ブリッジの土台となっていた歯で、歯根の先端部にレントゲン上でやや透過像が認められたため、症状はなかったのですが根の治療から再治療することになりました。

まずは被せ物およびコアと呼ばれる土台を外していきます。その後、虫歯を除去し、ラバーダムというゴムのマスクをかけます。そこまで終わった時点での写真です。

7番目の歯は一般的に2-3つの根管があります。今回は今のところ3つの根管が認められています。時間にリミットがあったので、今回は遠心根管を治療します。

根管治療

まず、超音波器具にて前の治療後に詰める「ガッタパーチャー」という材料を取り除いていきます。おおよそのガッタパーチャーを除去したら、次に手用の器具でさらに取り除きます。

根管治療

それらを除去の際、黒い明らかに汚いと思われる物体が出てきました。見えますか??

根管治療

このように汚れたものは感染を引き起こす原因になりうるので確実に除去していきます。その後、洗浄を行い根管内をできる限り、無菌化していきました。

根管治療

次回以降、残りの根管も綺麗にした状態で、再び菌が入り込めないよう密閉するように最終的なお薬を入れていきます。

このように、根管の中が綺麗になること、限りなく無菌に近い状態にすることが根管治療では非常に重要になります。

マイクロスコープを用いて目で見えるものの除去はもちろん、洗浄で目に見えない菌の除去、また治療中に唾液などが入ることによる感染を抑えるラバーダム、再感染を防ぐため最終的なガッタパーチャーの緊密な根管充填

これらの後に適合の良い補綴物を入れて初めて良い治療になります。このどれが欠けてもダメです。 今まで何度も治療をやり治している方、多いと思います。 その原因は歯ブラシ不足や食生活の問題などかもしれません。 しかし、その治療をどれくらいの精度でできているかご存知ですか。

歯の根の治療って何回かかるものなの?

歯の根の治療ってどのようなイメージを持っていますか?色々なイメージがあるかと思いますが、その中でも一番よく聞くイメージが「歯医者に何回も通わなければいけない!」こう思っている方が多いかと思います。

確かに根の治療は非常に細かい治療で丁寧かつ緻密な治療が必要です。けれど実はそこまで回数というのは重要ではないんです。

「えっ!よく根の中を消毒、洗浄が必要と言われて何回も通ったことがあるけど!」

よく聞きます。確かに回数がかかることもありますが、当院の場合、それは根の形が複雑であったり、綺麗にする根管数が多いからで、消毒のためではないことが多いです。適切な処置によって根管内が綺麗になってさえいれば、1回で根管治療が終わることもあります。

ここで症例も見ていきましょう。

治療前

根管治療前

左上5番目の歯の先にレントゲン上に透過像があり、感染を起こしている状態で、外側には膿の出口(サイナストラクト)がある状態でした。

患者様は妊娠中で、もうすぐご出産のご予定。それまでになんとかしてほしいというご希望がありました。

この状態だとご出産間近に痛みや腫れが出てもおかしくない状態でしたので、すぐ根の治療を行う必要があります。

治療後

根管治療後

そして、根の治療を終えたレントゲン写真です。

レントゲンで見るとまだ根の先端には透過像がありますが、この透過像はすぐには消えません。治療が問題なければ半年から1年ほどかけて治ってきます。

治療前にあったサイナストラクトはしっかり治癒しており、症状もありませんでした。

 

さて、この治療は何回かかったでしょうか?この方は妊娠中ということもあり1回の時間も配慮した関係で2回でした。現在、土台を築造して仮歯まで入っているので、ご出産後までは問題ないかと思われます。

このように、根の治療で重要なのは回数ではありません。いかに根管の中を綺麗にして、原因を取り除くことができるかです。

歯の根の先に大きな膿の袋がある時の根管治療例例

歯の根の先に大きな膿の袋ができた根管治療の症例をご紹介していきます。この根の先に大きな膿の袋ができることを「歯根嚢胞」ということがあります。根の先にこの歯根嚢胞できると最悪の場合、歯を抜かなければならないことも多々あります。この患者さんも当然歯を抜きたくない希望がありましたので、根管治療を行いました。

治療前

歯根嚢胞術前のレントゲン写真です。このレントゲン写真はリーマーという器具がしっかりと根の先端まで到達しているかを確認しているところです。根の先端部が黒くなっているのがわかるかと思います。これが歯根嚢胞と呼ばれるものになります。

治療後

歯根嚢胞除去後

その後11年経過時におできはレントゲンでなくなっていました。レントゲン写真です。

根管治療のあと、小矯正を行い、歯並びと噛み合わせも改善しています。

その他の当院が実際に行った根管治療の治療例と解説のご紹介

根管治療前

重度虫歯

根管治療後

根管治療後

一般的な根管治療をはじめ、歯の根の先に大きな膿の袋がある症例や、大きな虫歯により抜くと言われた歯を抜かずに治した治療例など、歯内療法を用いた治療に関する症例および解説を多数掲載しておりますので、こちらから根管治療の治療例ページをご覧ください。

根管治療の治療例ページはこちら >>

 

国立で根管治療・歯内療法をお求めの方へ

根管治療

国立において歯の根っこの治療を受けたいという方、あるいは他の歯科医院から抜歯するしかないという診断を受けた方は、一度壱番館デンタルオフィスまでご相談ください。当院でも抜歯をせずに済ませるための治療方法をあらゆる方向から検討致します。大切な自前の歯を保存するためにも、ぜひお気軽にご来院ください。

トップへ戻る