マイクロスコープ治療|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

マイクロスコープ治療

精密な治療は患部の可視化から!肉眼に比べて20倍の視野で行う精密治療

拡大視野治療

壱番館デンタルオフィスでは、マイクロスコープを用いた精密治療を行っております。マイクロスコープというのは歯科用の顕微鏡のことです。患部を肉眼に比べて20倍ほどにまで拡大することで、よく観察できるようにするための器具です。マイクロスコープを使用することで、正確性や審美性、保存性といったものが向上し、治療後の快適さが違ってきます。精密で安全な治療をお求めの方は、ぜひ当院までご相談ください。

マイクロスコープのメリット

歯科マイクロスコープ・拡大視野での治療による精密な治療

・明るい照明下での明瞭な治療

・歯科治療の記録による確認

これらが主なメリットなです。少し難しい言葉で書いていますが、簡単に言ってしまえば、よく見えて・明るくて・写真、動画も撮れるということです。このことを理解するために先日、患者さんご自身の歯の写真を撮影してお見せしました。それがこれです。

このマイクロスコープによる写真を見てもらい、患者さんに虫歯があることを実際に理解してもらいたかったのですが、さてどこに虫歯があるかわかりますか?ここまで拡大されていると非常にわかりやすいかと思いますが、正解は・・・

この赤い◯の部分です。これは10倍程度に視野を拡大しているからわかりますが、歯の隣り合う部分(隣接面)からの虫歯で噛む面には明らかな欠損(穴)は認められません。

ただし、この上の部分を少し削ってみると、、、(拡大率が低いですが)中で虫歯になっているのがわかります。これくらいの虫歯になると何かしらの症状が出てきてもおかしくない大きさなので、早めに治療ができてよかったです。

さらに、矢印の箇所ですが、詰め物が全然合ってないです。銀歯の適合が不十分なのがわかります。このような詰め物の不適合は2次カリエスの誘発につながるので極力避けたいですね。

マイクロスコープによる歯の治療は多くのメリットがあります。今後も当院での治療には積極的にマイクロスコープを用いて、精密・明瞭・記録を中心に歯科の治療に取り組んでいこうと思います。

動画で見るマイクロスコープの重要さ

これはサージテル社の作成による「拡大視野下での歯科治療の重要性」を示した動画です。患者様へ向けたわかりやすいものとなっております。どうぞご覧ください。

マイクロスコープを用いた低侵襲治療

削る面積の最小化

削る面積の最小化

視野を拡大することで、虫歯部分とそうでない部分との区別をつけやすくなることに加え、切削時の精度が向上するので、健康な歯質の部分を誤って削るというリスクの減少が期待できます。

歯科マイクロスコープ使用の歯を削らない治療のページはこちら>>

抜歯回避確率の向上

抜歯回避確率の向上

根管治療を始めとする様々な治療の精度が向上するため、清掃や除菌の確実性が増します。それにより再発リスクを激減させ、抜歯防止の確率も向上しやすいということになります。

歯科マイクロスコープ使用の歯を抜かない治療のページはこちら>>

歯科医院でマイクロスコープを導入している医院は、わずか10%以下

マイクロスコープの重要性

約7万軒あるといわれている日本の歯科医院の中で、マイクロスコープを導入しているところはわずか10%以下です。20軒の歯科医院があるとすれば、そのうちの2軒のみでマイクロスコープを用いた精密治療を受けられるということになります。

国立市においてもマイクロスコープを完備している歯科医院は決して多くはありません。ですが、近時マイクロスコープによる治療をご希望される患者様が増え、歯科治療への意識の高まりを感じるところです。どうせ治療を受けるのであれば拡大視野下での治療が望ましい、という方は、ぜひ当院までお越しください。当院では2006年よりマイクロスコープを導入しております。

マイクロスコープによる治療をご希望の方へ

マイクロスコープ治療で歯を守りたい

壱番館デンタルオフィスでは、マイクロスコープを用いた治療を実施しております。せっかくお金と時間を掛けて歯の治療を行うのですから、きちんとした治療を受けたいと思うのが普通でしょう。マイクロスコープを使用できるかどうかが、再発リスクの高低とも絡んで、将来の歯の健康にも関わってくる可能性があります。国立市にてマイクロスコープを使用した歯科治療をご希望される方は、ぜひ壱番館デンタルオフィスまでご相談ください。お待ちしております。

トップへ戻る