歯を抜かない治療|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

歯を抜かない治療

できる限り歯を抜かずに維持するのが「保存治療」です

歯を抜かない治療

壱番館デンタルオフィスでは、元々生えている歯である天然歯を維持する「保存治療」に力を入れています。歯を傷つけないことで身体への負担も少なくすることができますし、なにより自分の身体に最も適した天然歯を残すことができます。永久歯は一度抜いてしまうと再び生えてくることはありません。そして天然歯と同程度に安定感のある親和性の高い詰め物や被せ物、人工歯はないのです。そこで当院で抜歯を避けるために行っている取り組みが、以下の8つです。

8つの「抜かない」処置法

抜歯を回避

歯を抜いた場合、歯が抜けた場合には、インプラントや入れ歯などで対処するのが一般的な方法といえます。しかし、これらはどれも人工物であり、身体への親和性という点からは天然歯にはまだまだ及ぶものではありません。そのためなるべくなら天然歯を抜かずに処置するのが大切です。当院での処置としては、以下が挙げられます。

① マイクロペリオに対応

マイクロスコープ

視野を肉眼の20倍程度にまで拡大することで、歯周ポケットの歯石の除去を確実に行います。抜歯の原因として何よりも大きいのが重度の歯周病ですから、歯周ポケットの奥深くの歯石まできちんと取り除き、除菌をすることで歯を抜かずに治療することが可能となります。

マイクロペリオについて詳しくはこちら>>

② 根管治療もマイクロスコープを使用

マイクロスコープ

重度の虫歯においては虫歯菌が歯の神経の通る穴、すなわち根管にまで侵食することで、抜歯をしなければならない状態となります。そこで当院では根管の清掃、滅菌に際してマイクロスコープを用いることで、一般的な治療によっては再発率80%以上ともいわれる根管の治療を精密に行います。これにより再発リスクを大幅に低減させることができます。

③ 根管治療にあたっての再発防止策

根管治療

マイクロスコープだけではなく、汚れの侵入を防ぐラバーダムや殺菌のためのレーザーといった最新の機器まで用いて、根管治療における滅菌の精度を飛躍的に高めております。根管治療を施した上で再発した場合、抜歯の可能性が高くなるため、徹底して滅菌を行うのです。

④ う蝕検知液等でのヒビ確認

う蝕検知液

歯の根元に細かなヒビが入っていたとしても、目で見ただけでは判別できません。ところが、そうしたヒビも細菌の温床となってしまいます。そして滅菌が不十分なままに治療を終えてしまうと、再発のリスクが高まります。そこで当院ではう蝕検知液等を使用してヒビを染め出すことで、清掃と滅菌をより確実に行います。

⑤ 自家歯牙移植による歯の再利用

自家歯牙移植

壱番館デンタルオフィスでは、インプラントや入れ歯、ブリッジなどを使用する前に、患者様ご自身の歯を再利用できないかということを検討致します。たとえば親知らずなどを歯の抜けた場所へ移植することで、人工物を用いることなく咬み合わせを復活させることができるのです。それができない場合に初めて入れ歯などの方法を考えます。

⑥ エクストリュージョンと外科的挺出

エクストリュージョン

歯肉より上に残存歯がない状態は、ほぼほぼ抜歯を宣告されます。なぜならこの状態で歯と被せ物のジョイントの役目を果たす土台(コア)を立てると、脱落の可能性が大幅にあがるのでインプラントやブリッジのほうが良いと判断されるためです。しかし、エクストルージョンと外科的挺出により、歯肉の下になっている根っこを歯肉の上に引っ張り上げ定着させることで、予知性の高い被せ物治療を行うことができ、抜歯を回避できます。

⑦ 歯根端切除術・再植術の実施

歯根端切除術・再植

歯の根元が折れ、あるいは膿んでいる場合には、抜歯が必要だと判断されることが多いと思われます。ですが当院では、歯根の一部を切って取り除くことで治療する「歯根端切除術」や、一度歯を抜いて除菌し、再び植え直すという「再植術」も執り行っております。このような方法を駆使することで、ギリギリまで歯を抜かずに治療できないかを模索するのです。

⑧ 歯周再生療法・歯周外科にも対応

歯周再生療法

失われてしまった歯肉周辺の組織を再生させるのがエムドゲインという歯周再生療法であり、歯ぐきを切り開いた上で歯の根元の歯石を取り除くのが歯周外科です。これらの方法によって歯周病が重度にまで進行した場合でも、歯を抜かずに対処できることがあります。

国立の歯科医院で歯を抜かない治療をお求めの方へ

天然の歯を守れる歯医者さん

壱番館デンタルオフィスでは身体への負担を極力抑えた低侵襲治療を行い、なるべく歯を抜かないで治療を行うことをモットーとしております。絶対に歯を抜かずに済ませるとまではいえませんが、抜かずに済む方法があるならそれをご提案致します。国立市において低侵襲治療をご希望の方は、当院までお越しください。

トップへ戻る