矯正歯科(大人の矯正治療)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

矯正歯科(大人の矯正治療)

子供の矯正治療については小児矯正ページをご覧ください>>

このページの目次

短期間・歯を抜かない・機能回復!三拍子揃った「Dr.たかみ式矯正治療」

Dr.たかみ式矯正治療

当院の矯正担当医であるDr.たかみは矯正治療キャリア25年の矯正専門医です。長らく矯正治療に携わってきて、辿り着いた矯正治療法があります。短期間・機能回復・歯を抜かない!三拍子揃った「Dr.たかみ式矯正治療」についてご説明しますので、国立で歯科矯正の受診をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

短期間で矯正治療が可能です

短期間で矯正治療

矯正治療で1番悩ましいのはその治療期間の長さだと思います。2~3年矯正装置をつけると聞くとどうしても二の足を踏んでしまいますよね。でもご安心ください。Dr.たかみの機能美矯正療法は、一般的な矯正治療期間に比べると短期間で矯正治療が可能です。

およそ1年~1.5年前後で終わります

3次元矯正ワイヤーテクニックを使うことで、歯を上下前後左右に立体的に動かすことが可能であることと、摩擦力の低い装置を使用し、ダイレクトに歯に力を加えることができるので、ほとんどのケースの歯列矯正がおよそ1年~1.5年前後で終わります。

また併設してある歯科技工室と連携をとることで素早くお口の模型をつくり、歯を動かす方向を的確に捉えることができることも、治療期間が短くできるポイントです。

小臼歯を抜かない『非抜歯矯正』をオススメしています

非抜歯矯正

当院では咬み合わせの機能面から、矯正治療時にはなるべく歯を抜かずに済む「非抜歯矯正」を推奨しております。どうしても歯を抜かなければならない場合にのみ、抜歯による矯正を行います。一般的に矯正時に歯を抜くというときには、4番めの歯である小臼歯を抜くことが多いのですが、この歯は咬み合わせを考えると重要性の高い歯だといえます。理想的な咬み合わせである「シークエンシャル咬合」にも、小臼歯は欠かせません。当院で行っている非抜歯での矯正治療の方法として、以下の3つを挙げておきます。

① 歯軸傾斜の改善によるスペースの確保

歯の遠心移動「歯並びが凸凹になる原因は何でしょう?」この質問に多くの患者さんが「あごの大きさと歯の大きさのアンバランス」と答えます。確かに、そういうケースもありますが、歯軸傾斜が原因で歯列のスペース不足になっていることが少なくありません。

そういうケースの治療方針は、「抜歯によってスペースをつくる」のではなく 「歯軸傾斜を改善することによりスペースをつくる」になります。

歯軸傾斜改善前

歯軸傾斜改善歯科矯正前

歯軸傾斜改善後

歯軸傾斜改善歯科矯正後

下顎位が右側偏位しているのを改善。加えて、内方に傾いている歯軸を外側に改善したことでスペースを作り歯を抜かずに矯正治療を終えることができました。緑ラインが改善後のラインです。

歯軸傾斜改善前

歯軸傾斜改善歯科矯正前

歯軸傾斜改善後

歯軸傾斜改善歯科矯正後

前方に傾いている歯軸を後方に改善したことでスペースを作り歯を抜かずに矯正治療を終えることができました。緑ラインが改善後のラインです。

治療前

歯軸傾斜改善歯科矯正前

治療後

歯軸傾斜改善歯科矯正後

歯並びのアーチがすぼまっていて狭くなっているのを改善し、歯を抜かずに前歯のデコボコを改善することができました。

矯正治療による歯軸傾斜の改善によるスペースの確保について動画で解説

② 拡大装置の使用

拡大装置歯並びが悪くなる原因の1つとして、歯が生えている土台である顎骨が小さく、歯列のアーチが小さいということが挙げられます。

そこで、限界はありますが、顎骨を拡大する拡大装置を使用し、顎骨を側方に拡大し、歯列アーチを広くすることで歯を抜かずに歯を並べるという方法があります。

③ 歯の遠心移動

歯の遠心移動奥歯を喉側へ、つまり遠心移動させることで、歯を並べるためのスペースを作り出します。

一般的に用いられる矯正装置によっては遠心移動が困難であるため、インプラントアンカー矯正などを用いることもあります。

④ IPR(ディスキング)

IPR歯の側面をちょっとずつ削って幅を小さくし、スペースを作り出すという、IPRないし、ディスキングという方法があります。

人間の歯は約1~2mm程度のエナメル層を有していますが、この治療法によって削るのは多くても0.5mm程度なので、歯を弱めたり病気の原因となったりという心配は要りません。

見た目だけでない「機能美矯正法」を実践

機能美矯正法

「機能美」という言葉のとおり、矯正治療は決して見た目だけの治療ではありません。お口の機能と健康、身体の影響を考えることが大切です。人の咬み合わせは、頭痛、めまい、姿勢、腰痛、免疫低下、運動機能低下、顎関節症など、思いもよらない所に関係しています。これらと歯並びの関係を意識せず矯正治療を行うと、時として最悪の自体を招いてしまう場合があります。このような自体は学会でも多く報告されています。当院では機能回復に徹底的にこだわった矯正治療を行っています。

咬み合わせとともに、口周囲筋・舌・呼吸等を確認しつつ治療を行う

歯並び矯正治療によって機能回復を目指す際に忘れてはならないのが、口周囲筋・舌位・呼吸の状態を確認しつつ治療を進めることです。舌には収まるべき正しい位置があります。

その位置に舌がストレスなく収まることで、口周囲筋は緊張をせず、さらに鼻呼吸を自然に行えるようになります。

咬み合わせ改善→不定愁訴回復も期待

咬み合わせ改善

歯の異常な接触(干渉)が原因で起こる筋の過緊張が原因で頭痛やめまい、肩こり、悪姿勢などを起こすことがわかっています。これを調整することで改善に繋がるケースがあります。

呼吸改善→生理機能向上も期待

呼吸改善

正常な気道に改善し、口呼吸から鼻呼吸に改善することで免疫力向上、精神安定、安眠・リラックス、さらには生理機能全般の向上に繋がるケースがあります。

矯正歯科の治療実績と患者様の声

当院で実際に治療を受けた患者様の症例と、頂いた感想文をご紹介します。また、治療期間・治療費も記載されているのでご参考ください。

▼ご覧になりたい症例写真をクリックすると拡大されます。

八重歯

八重歯

受口

受口

顎のズレ

顎のズレ

出っ歯

出っ歯

顎関節症

顎関節症

その他の「矯正歯科治療の治療例」はこちらからご覧ください >>

矯正治療法のご紹介(あなたに最適な矯正法をご提案します)

① MEAW(ミュー)矯正

MEAW矯正 MEAW矯正は歯の傾きやデコボコに合わせた形にオーダーメイドでワイヤーを調整し、1つ1つの歯を個別かつ同時に動かしていくという矯正方法です。

歯に取り付けたブラケット間のワイヤーにループを作り、縦横斜めの3次元に力を加えることができます。歯が倒れている場合などには起こしたり引き上げたりすることも可能なため、咬み合わせを安定させることもできます。

② デーモンシステム矯正

デーモンシステム矯正矯正力を弱く、しかし持続的に加えることで歯を効率的に動かすというデーモンシステムは、生物学的にも合理的な方法といえます。

従来の矯正方法と比べて、より速く、より痛みの少ない矯正治療ができ、通院回数も少なく抑えられるため、患者様にはご好評をいただいております。

矯正治療の流れ

① コンサルテーション(相談・初回コンサルテーション30分無料)

コンサルテーション

歯並び、咬み合わせ、顎関節症に関するお悩みや矯正治療に対する不安・疑問など、何でもご相談ください。あなたと同じような歯並びをした方の治療例をご覧いただき、パソコンや骨格模型などを使いながら、矯正医が直接あなたの疑問にお答えします。

※ご覧いただく治療例はすべて当医院にて治療したものです。

▼クリックで拡大しますコンサルテーション

▼クリックで拡大しますコンサルテーション

当医院では矯正相談・初回コンサルテーション(30分)は無料となっております。さらに詳しい診断を希望されますと以下の検査へと進みます。

② 精密検査・診断(約60分 40,000円(税別))

レントゲン

レントゲン

まだ生えていない永久歯・親知らずも含めた顎全体の歯並び、および顔面骨格を検査するため、レントゲン撮影を行います。当医院はデジタルレントゲンを使用しています。

写真撮影

写真撮影

歯並びだけでなく、お口の中全体の状態や顔貌を把握するため、デジタルカメラで様々な方向から撮影します。多方向から撮影することで、お顔の歪みなどもわかります。

印象・模型作成

印象・模型作成

現在の歯並びを立体として把握するため、専用の材料を使用し、型取りをいたします。この際、作成する模型は診断・矯正治療中に使用いたします。

顎関節チェック

顎関節チェック

咀嚼時、発音時の顎の動きを確認いたします。より詳細な検査をする必要があると判断した方は、上写真のコンピューター(ナソヘキサグラム)で測定する場合もあります。※別途15,750円かかります。

③ 治療プランニング

治療プランニング

患者様のご希望をお聞きし、症状を検査・診断したうえで、その方へもっとも適した治療計画をご説明してゆきます。矯正治療前に必要な虫歯の治療などがありましたら、ご希望により当院にて治療可能です。

④ 矯正治療スタート

治療前

治療前

矯正装置装着日

矯正装置装着日

1ヶ月経過

1ヶ月経過

1.5ヶ月経過

1.5ヶ月経過

6ヶ月経過

6ヶ月経過

10.5ヶ月経過

10.5ヶ月経過

患者様が治療を行うかどうかを判断し、ご希望の場合には治療へと入ってゆきます。調整のため、月1~2回程度、通院していただきます。なお当医院では調整料金は治療プランニング時にご提示した治療費に含まれていますので、治療のペースによってお支払いいただく料金が変動することはありません。

⑤ 観察・保定

治療プランニング改善した歯並びが後戻りしないよう、3ヶ月に1回、通院していただきます。

矯正治療の対象となる不正歯列について

不正歯列

歯の並びに問題がある場合、歯列矯正を行うことになります。この歯並びの問題には、以下のような種類があります。

出っ歯

出っ歯

日本人にはしばしば見受けられる不正歯列です。上の前歯が前の方へぐっと突き出した形になっているという状態です。

開咬(開口)

開口

奥歯で咬んだ状態の時に前歯が咬み合っていないため、上下に隙間が空いてしまっている状態をいいます。

受け口

受け口

出っ歯とは逆に、下の歯が上の歯よりも前の方へぐっと突き出した形になっているという状態で、上の歯が次第に削れていってしまうことがあります。

叢生(乱杭)

叢生

いわゆる乱杭歯のことであり、歯がバラバラな方向へ生えている状態です。咬み合わせもさることながら、虫歯にもなりやすいという問題があります。

空隙歯列

空隙歯列

いわゆる隙っ歯のことであり、歯間が開いていて目立ってしまう状態です。一部の発音が不明瞭になるという場合もあります。

過蓋咬合

過蓋咬合

開咬とは逆に、上下の歯がガッチリと咬み合い過ぎているため、顎や歯に負担が掛かってしまう状態です。

国立市で矯正歯科をお探しなら当院へご相談ください

信頼できる矯正歯科

国立市で、歯並びに関する悩みを持っておられる方は、ぜひ当院にご相談ください。矯正治療専門の歯科医師が、矯正治療にかかる費用や期間、選べる選択肢など、さまざまな疑問にお答えします。無料で相談できますので、お気軽にお問い合わせください。

矯正治療 無料相談受付中(セカンドオピニオン)

壱番館デンタルオフィスでは、矯正治療経験豊富なDr.たかみが、カウンセリングを直接実施しています。小児矯正(子どもの歯並びの矯正)、成人矯正(大人の歯並びの矯正)を検討中の方は、ぜひ一度無料相談を受診してください。

※当院では外科矯正を行いません。可能な限り小臼歯抜歯をせずに矯正治療を行います。「歯を抜く」「顎を切る」と診断された症例を一般矯正のみで治療したものもございます。一度ご連絡下さい。

※小児矯正については小児矯正・小児歯科ページをご覧ください。

矯正治療を行った患者様の体験談をご紹介

歯科矯正治療体験談最後に、当院で歯列矯正を行った患者様の矯正治療体験談をご紹介します。

クリックで拡大表示しますので、矯正治療をご検討中の方は参考になさってください。

矯正治療体験談1

矯正治療体験談2

矯正治療体験談3

矯正治療体験談4

矯正治療体験談5

矯正治療体験談6

矯正治療体験談7

矯正治療体験談8

矯正治療体験談9

矯正治療体験談10

矯正治療体験談11

矯正治療体験談12

矯正治療体験談13

矯正治療体験談14

矯正治療体験談15

矯正治療体験談16

トップへ戻る