つめ物・かぶせ物・ホワイトニング|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

つめ物・かぶせ物・ホワイトニング

咬みやすく美しく違和感のない審美歯科を目指します

治療前

治療後

歯の生え方や並びといった「見た目」を整えきれいにするのが審美歯科の役割です。当院では、ただ見た目を整えるだけではなく、咬みやすさや違和感のなさにもこだわった審美歯科のご提供を目指しております。審美性のみならず機能性も重視した当院の審美歯科のポイントについて、以下でご説明致します。

「レジン充填法」
できるだけ削らない審美歯科へ

レジン充填

レジンとはセラミックとプラスチックを掛け合わせた素材のことです。患部に直接このレジンを詰めることで、歯の見た目を修復するというのがレジン充填法です。型をとって、補綴物として詰め物を詰める場合、患部へきっちりとはめ込むために、歯も余計に削る必要があります。これに対してレジン充填法では、最小限の悪い部分だけを削って詰めれば足りるため、比較的削る部分を少なくすることが可能となるのです。

「拡大ルーペ(5倍)精密形成」
より長持ちしやすい審美歯科へ

マイクロスコープ形成

詰め物や被せ物を長持ちさせるためには、詰め物や被せ物と、それを詰めたり被せたりする歯(支台歯)の両方がきちんと合っている必要があります。当院では、精密な適合性を実現させるためにマイクロスコープや歯科拡大鏡を用います。これらの器具で視野を数倍から数十倍にまで拡大することで、細かい部分までしっかりと形成を行い、詰め物や被せ物と歯との繋ぎ目をピタリと合わせることができるのです。また、そうすることで歯周病や二次虫歯のリスクも大幅に下げることが期待できます。

審美歯科は歯科医師、歯科技工士の腕で大きく治療結果が変わる

治療前

他院にて、右上の6番目の歯にCR(コンポジットレジン)が充填してありました。よく見るとあまり歯の形態をしていないように思われます。実は、見た目が悪いだけでなく、レジンの下は虫歯が広がっていました。虫歯治療してレジン充填治療したはずが、また虫歯になってしまったということで、患者様はがっかりしておられました。

治療後

当院でのコンポジットレジン充填後の写真です。密着性が高く、見た目も綺麗なコンポジットレジン充填治療後です。症例によって適応は異なりますが、CR(コンポジットレジン)が適応されるものではこのように、審美、機能を追求して処置を行なっています。

審美歯科における機能とは?

機能

審美歯科における機能とは、「咬み合わせ」と「親和性」です。見た目だけキレイでも咬み合わせが悪く顎が痛い、頭痛がする、アレルギー症状が強まってしまうという症状があればいくら見た目がよくなっても全く意味がありません。しかし、このような見た目重視の治療を受けてお悩みの方は多くいらっしゃいます。当院ではこのようなことがないよう、機能を重視した審美歯科を心がけています。

審美性と機能性の両立1(顎関節症の改善)

治療前

治療前

治療後

治療後

ご感想▼クリックすると一部拡大したものが表示されます
ご感想

▼Dr.ひさゆきのコメント

正しい機能を追求すると見た目は美しくなります。しかし、見た目だけを追求しても機能は改善しません。審美と機能は一体で考えていかなくてはいけないと考えます。

審美性と機能性の両立2(ラミネートベニアで歯の形を修正)

治療前

治療前

治療後

治療後

ご感想▼クリックすると一部拡大したものが表示されます

ご感想

▼Dr.ひさゆきのコメント

先天的な歯や歯茎の形もラミネートベニアによって審美的に改善することが期待できます。もちろん、この患者様も咬み合わせから考えて治療を行なっております。

金属の修復物から白い修復物へ

治療前

治療前

治療後

治療後

▼Dr.ひさゆきのコメント

審美的な要求は年々高まっているように感じます。詰め物やかぶせ物の銀色の金属が気になる場合には、セラミックなどで自然な歯の色に仕上げるよう改善していきます。

不良修復物から適合の良い修復物へ

治療前

治療前

治療前

治療後

治療後

治療前

▼Dr.ひさゆきのコメント

このケースは単に見た目を気にして白くしたわけではありません。かぶせ物とその土台の間、目に見えないところの隙間からむし歯・歯周病が進行していたために治療を行いました。奥歯を金属(白金加金)にしているのは咬み合わせを考慮しているためです。

セラミックの被せ物は、歯茎とのバランスが重要

審美的かぶせ物と歯肉のバランス

治療前

治療前

治療後

治療後

お口の審美は歯の色や形だけではなく、歯肉とのバランスが大切になります。この症例ではセラミックのかぶせ物と歯肉の移植治療で、より審美的になりました。

その他の「審美歯科治療の治療例」はこちらからご覧ください >>

歯科技工士との連携による精密形成

熟練歯科技工士

詰め物や被せ物というのは、専門家である歯科技工士が製作しています。私たちの歯は非常に複雑な形をしており、それに合わせて人工の歯を形成していくのには高度な技術と専門的な知識が必要となります。歯の見た目をきれいにする審美歯科においては、詰め物や被せ物を作る歯科技工士の腕に治療の結果が左右されます。見た目に加えて咬み心地も重要となるため、熟練の歯科技工士の手による製作が求められるのです。

クリニックに歯科技工所を併設!より患者様の口に合わせた形成へ

多くの歯科医院では、詰め物や被せ物を製作する場合に外部の歯科技工所へ依頼するという形を取っています。ただ、それでは歯科技工士は患者様と顔を合わせることも、実際の患部を見ることもなく、詰め物や被せ物を作ることになってしまいます。患者様の口腔内の状態というのはそれぞれに異なるものですから、患部を見ないままでの技工というのは精度を欠くことになりかねません。そこで当院では歯科技工所を併設することで、歯科技工士によるマンツーマンでの直接的な確認を可能としました。

歯科技工士

歯科技工士は患者様の口を直接確認し、精度の高い技工物の提供を目指しております。

コンマ1mmの世界で調整

仮歯の製作も歯科医師ではなく歯科技工士が行います。精度の高い仮歯も審美補綴治療の成功のために必要不可欠です。

一つ一つ手作業

製作にあたっては、マイクロスコープを使用し、色の微妙なグラデーションやミクロン単位の形成にまでこだわります。

ホワイトニングは患者様のライフスタイルに合わせた方法を

ホームホワイトニングとは

ホームホワイトニングご自宅で時間を選ばずに行っていただけるのがホームホワイトニングの大きな利点です。

初回は検査とマウスピース作成の必要があるため通院していただきますが、以降はご自宅で施術を進められます。オフィスホワイトニングよりもやや期間は要しますが、白さは長持ちしやすいです。

オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニング歯科医院へ通うことで行うのがオフィスホワイトニングです。ホワイトニング剤を歯に塗り、特殊な光を照らすことで、薬剤が歯に馴染みます。

この方法によれば、短い時間でかなりの白さを実感しやすいため、お急ぎの方に適しています。

ブライダルホワイトニングとは

ブライダルホワイトニングホームホワイトニングは長めの期間行って効果も長続きするという方法ですし、オフィスホワイトニングは短時間でより白くなりやすいですが、効果はやや短くなるという方法です。

それら2つの方法の利点を兼ね備えているのがブライダルホワイトニング(デュアルホワイトニング)です。結婚式前に行われることが多いため、このように呼ばれます。

国立において詰め物や被せ物、ホワイトニングをお考えの方へ

審美歯科

当院では見た目と咬み合わせ、口の中の自然さといった点を総合的に考慮した上での審美歯科治療を行っております。詰め物や被せ物をきちんと作ってほしい、歯を白くきれいにしたい、といったご希望をお持ちの方は、ぜひ国立の壱番館デンタルオフィスまでご相談ください。

トップへ戻る