CR(コンポジットレジン)による審美歯科治療の1例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

CR(コンポジットレジン)による審美歯科治療の1例

投稿日:2018年6月4日

カテゴリ:審美歯科

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今日は「 CR(コンポジットレジン)による審美歯科治療」の症例を写真とともに見ていこうと思います。

まずは写真から見てみましょう。

患者さんは20代女性。左下の虫歯、充填物の不適合のため再治療が必要です。部位は左下の6番が咬合面です。

注目して欲しいのが6番目の充填物です。本来、歯は歯自体の山と谷からなる溝があります。この溝は食物を食べる際の流れを行うために必要なものになります。

この充填物がされている箇所はあまり溝がなく、のっぺりとしている印象を受けます。

歯の失われた箇所を修復するにあたり、できるだけ元の歯の状態に近い方が良いのは言うまでもありません。

それは「審美」「機能」ともに言えます。

では、実際に治療を行なっていこうと思います。まずは充填物、虫歯を綺麗に取り除いていきます。

取り残しがないように検知液などを用いていきます。

取り除いた後の写真です。


この部分に「CR(コンポジットレジン)」による修復を行なっていきます。

まずは、「ラバーダム」をしていきます。この「ラバーダム」は審美的なCR(コンポジットレジン)修復を行う上で必要なものになります。CR(コンポジットレジン)は水分が存在すると接着力が著しく悪くなります。口の中には唾液があり、その唾液から修復する歯を分断するためにこの「ラバーダム」を行います。

その後、CR(コンポジットレジン)修復の処置に入ります。その際に本来の歯をしっかりとイメージして、歯の形態を付与していきます。

CR(コンポジットレジン)修復を終えた後の写真です。

この後、咬合調整を行い研磨を行っていきます。

研磨終了後の写真です。

このようにCR(コンポジットレジン)修復をするにしても、細かい「こだわり」が歯の治療の質に繋がってきます。

当院では、CR(コンポジットレジン)のみならず全ての治療に「こだわり」を持って取り組み、歯の治療から人生の質をあげてもらえるよう日々研鑽しております。

国立市で審美歯科を探している方、ぜひ一度当院にいらしてください。スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る