保険治療と自費治療の違い|国立の歯医者|国立t歯科

新型コロナウイルス対策について

令和3年6月1日より医院名が「国立t歯科」に変わります

大人の矯正歯科治療

子どもの矯正歯科治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

保険治療と自費治療の違い

投稿日:2021年6月25日

カテゴリ:審美歯科

こんにちは。院長のDr.カズヒロです。

今回は「自由診療」について述べていきたいと思います。今回の内容は意見が分かれるところもある内容になるので、あくまで私見として述べさせていただきます。

現在の歯科治療には「保険治療」と「自費治療」があります。

具体的な治療で一例を挙げると

「保険治療」だと銀歯で「自費治療」だとセラミック

のようにイメージする方が多いかと思います。

費用に関しても

「保険治療」=費用が安い 「自費治療」=費用が高い

とイメージする方が多いと思います。

「保険治療」というのは簡単に言ってしまえば国によって決められている方法、費用にのっとって治療を行うものになります。全国どこでも費用に変わりはありません。

「自費治療」というのは簡単に言ってしまえばこの保険治療以外の治療は自費治療になります。費用は各病院によって費用を設定することができます。

この「保険治療」と「自費治療」の話が出たときに先ほどの銀歯 or セラミックのように「材質」の違いを説明する病院や歯医者が多いかと思います。

確かに「材質」によって受けられるメリット、デメリットの違いは大きくあると思います。

ただそれだけでしょうか。一番大切なのは「歯科医療の質」だと私は考えています。

わかりやすい症例があるので写真を見ていきます。

この症例は右下4番目の歯に虫歯があったので「CR」という材料で修復したもの写真です。

虫歯をとった写真です

充填後の写真です

きれいに修復することができました

今回、重要なのはその奥の歯(赤丸)にしてあるCRと今回のCR(青丸)との違いです。

同じ「CR修復」という治療でも「質」に大きな違いがあるのは一般の方が見ても一目瞭然だと思います。

この症例はCRという材料を用いていますが、自費治療として費用を頂戴しています。

CRというものを「質」を高めて行うには様々な手技(ラバーダムやリングシステムなど)と時間が必要になるため、保険治療の費用では病院が運営できなくなってしまうためです。

「セラミック」による治療も同じように「適合、色調がいいセラミック」と「適合、色調が悪いセラミック」に始まり、型取りの精度、適切な虫歯の除去まで「技術の質」という点が一番重要だと考えています。

「材質」のみで比較する「保険治療」と「自費治療」の考え方は良くない

歯科医療の本質である「技術」や「質」に視点をおく

ここが一番重要です。

当院では「写真」やマイクロスコープの動画などを積極的に患者さんに見せていくことを大切にしています。

国立市で歯医者をお探しの方、気になることがある方は是非一度いらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る