社会における歯科医院の役割|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

社会における歯科医院の役割

投稿日:2017年11月13日

カテゴリ:未分類

初めまして。国立市の歯科医院、壱番館デンタルオフィスに勤務しているDr.カズヒロです。

 

本日より歯のことや当院の治療など、様々な情報を発信させていただくためにブログを始めます。

 

当院の患者様はもちろん、歯についての疑問や歯医者を探している方にとって良い情報を提供できるようにどんどん発信していくのでよろしくお願いします。

 

記念すべき初ブログのタイトルは「社会における歯科医院の役割」にしました

職業というのは色々ありますが、そのどれもに社会の中での役割というものがあると思います。

 

では、歯医者の役割とは何でしょう

 

歯科医師法の第一条は次のように記載されています。

歯科医師は、歯科医療及び保健指導を掌ることによつて、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。

 

簡単に言い直すと

 

「歯医者は歯の治療や歯ブラシ指導などを行うことにより、社会全体、国民の健康を維持してください」

 

というものです

 

非常に漠然としていますが、これこそが歯医者の社会における役割なのです。

歯の治療や歯ブラシ指導をするのがゴールではなく、健康を維持することがゴールになります。

 

今後のブログで当院の治療の詳細は公開していきますが、全ての治療が「患者様の健康」に繋がるように日々精進してます。

 

国立市で歯医者をお探しの方、歯のことでお困りの方、またお口のことのみならず健康に関して知りたいことがある方は壱番館デンタルオフィスにいらしてください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る