CR修復の症例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

CR修復の症例

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今回は大きめの虫歯をCR(コンポジットレジン)で治療した症例を紹介していきます。

以前にもCRの治療については説明していますが、もう一度簡潔に説明すると、

お口の中で直接プラスチックのような材料を充填し、虫歯で失われた歯質を修復する

のような治療になります。

基本的には、比較的小さい虫歯の治療の際に行うことが多いです。

今回の症例は比較的大きい虫歯により、歯質が広範囲に失われた歯に対して「CR」を用いて修復した症例になります。

 

右上の7番目の歯(矢印の歯)の虫歯を取り、歯ぐきの境界部が近い部分には圧排糸と呼ばれる糸を一時的に入れている状態の写真になります。

茶色い部分が残っていますが、この部分は虫歯を染色する薬で染め出されなかったのと触った感触で硬い感触があったため、進行性の虫歯ではないと判断しています。

これだけの大きさになってくると通常は「インレー修復」という型取りを行い、模型上で詰め物を作成し、インレーを入れていくのが一般的です。

ただし、今回の症例ではCR修復を行い、治療しました。

治療後の写真です。

やや本来の歯と比較すると色が異なりますが、綺麗に充填できました。

この「CR」のメリットは

1日で治療を完了できる

審美的に良好

健康な歯質を失わずに済む

以上の点で優れています。

他の色々な要因により全ての症例で適応にはなりません。しかし、歯の治療において、今後ますます需要は大きくなってくるものと思われます。

国立市で審美歯科に興味のある方、お口のことでお困りの方、ぜひ一度ご来院ください。スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る