虫歯の治療例(インレー)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

虫歯の治療例(インレー)

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今日は朝から非常に寒いですが、体調は崩されていませんでしょうか。

今回は通常の虫歯治療、その中でもインレーと呼ばれる詰め物をして治す治療の1例を見ていきます。

まず、インレーの治療とはどのようなものなのか、写真を見ながら説明します。

まず、虫歯がある部分を削っていき、虫歯が取りきれたら詰め物の形を作っていきます。

形成と言われています。

写真はその形成が終わったところのものになります。

この形成というのも奥が深くて、取れにくくする形態など工夫がされています。

ここの部分をあまり詳しく説明すると難しくなるので今回は割愛していきます。

そして、形成ができたら「型取り」に入ります。

この「型取り」も非常に奥が深く、ただ採れればいいのではなく、精密に、変形なくが鉄則です。

当院では、シリコンと呼ばれる変形量が少ない印象材や特殊な寒天を使用して精密な型取りを心がけています。

そして、型取りが終わると、次に石膏を注ぎ、模型の作製になります。

ここでの注意点は「時間」です。

型取りをお口から外したその瞬間から変形は始まります。いかに迅速に石膏を注げるかがポイントになります。

当院では、院内技工室を設けており、型取りしたらすぐに技工士によって模型の作製に入ります。それにより、変形を最低限に抑えることができます。

 

この「型取り」「模型作製」は詰め物などを作る上で大切です。

どんなに技工士の腕が優れていても、模型が正確でなければ無意味になってしまうからです。

 

そして、精密な模型上で技工士により詰め物(インレー)を作製します。

完成が写真のものです。

実際に装着した写真です

 

ほぼ無調整で入れることができました。

 

詰め物をした後にまた虫歯になる「2次カリエス」になり、虫歯の再治療を行うのを耳にします。

確かに、歯ブラシの不良や患者さんによる何かしらの原因により再び虫歯になるケースもあります。

しかし、少なからず詰め物の適合性が原因になっているものもあると思っています。

当院では、説明した通りの処置に加え、拡大鏡やマイクロスコープを使用してベストな状態での治療体制を整えています。

国立市で虫歯治療を検討されている方、よく「2次カリエス」になり歯が減ってきて心配な方、一度ご相談にいらしてください。

お待ちしております。

トップへ戻る