前歯が重なっている八重歯の矯正治療例(大学生 治療期間1年7ヶ月)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

前歯が重なっている八重歯の矯正治療例(大学生 治療期間1年7ヶ月)

前歯が重なって八重歯になっている状態の治療例(Before&After)と解説

前歯が重なっている八重歯の治療例

年齢・性別 男子大学生
治療期間 1年7ヶ月
抜歯 なし
治療費 915,000円(矯正装置料・調整料・保定料・経過観察料込)

「上の前歯2本が完全に重なっていて噛みにくい」という主訴にあわせ、あごのズレ・顎関節症が気になると相談にいらした方です。

むかって左側の写真の黄線は上下顎の真ん中を表しています。この黄線を見ていただいてもわかるように下顎が右側に偏位しています。ちなみに顎の真ん中の位置は、真ん中にはえている歯を基準にしているわけではありません。なぜならば、歯はずれて生えている場合があるからです。顎の真ん中は、歯ではなく上唇小帯・下唇小帯の位置を参考にして決めていきます。

では、この方の上前歯が2本重なってしまった原因は何でしょう?顎が小さかったからでしょうか?いいえ、歯の大きさと顎の大きさとのバランスは問題ありませんでした。

この方の歯の重なり(叢生)の原因は歯軸傾斜でした。ですから治療方針は歯軸傾斜をなおしてゆくことで、スペースをつくるための抜歯ではありません。また、この方のように完全に内側にずれている前歯は「バイトロック」という噛み合わせの問題を起こし、顎関節にも負担をかける状態です。

矯正治療1年2ヶ月経過

前歯が重なっている八重歯の治療例

歯軸傾斜を改善してゆくと、矯正治療開始してから1年2か月後に、このような状態になります。 内側にずれた前歯が並ぶためのスペースができました。

これから、内側にずれている前歯を引っ張り出してゆくわけですが、この状態のままですと前歯はいくら矯正力を加えても前に出てきません・・・というか、「出てこれない」です。なぜならば、噛む度に下の前歯とぶつかり、内側にずれていってしまうからです。こういう風に歯が行ったり来たりする状態をジグリングと言い、歯にはとても負担をかけます。ジグリングを起こさずに内側の前歯を引き出してゆくことが、この症例のポイントとなります。

その方法とは?

前歯が重なっている八重歯の治療例

バイトアッププレートというものを、下奥歯に貼り付け、噛み合わせを高くして 噛んでも前歯があたらないようにします。バイトアッププレートは、上下の顎の位置を測定し咬合器という器械上で再現し作製していますので、噛み合わせのバランスが みだれることは、ありません。バイトアッププレートは2~3か月使います。

この前歯が重なって八重歯になっていた患者様の体験談・感想

叢生(デコボコな歯列)患者様の体験談・感想

歯科矯正治療について詳しくは矯正歯科ページからご覧ください >>

国立の矯正歯科で歯並び矯正治療をお考えの方は無料相談をご利用下さい

国立矯正歯科

国立駅すぐの矯正歯科である壱番館デンタルオフィスでは歯並び矯正に関する無料相談・セカンドオピニオンを実施中です。矯正治療実績豊富な矯正歯科医が矯正の治療費や期間、装置の選択肢なども含めご相談・ご質問にお答えしますので、ぜひお気軽にご活用ください。

トップへ戻る