前歯の審美治療の1例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

前歯の審美治療の1例

こんにちは。院長のDr.武内久幸です。

今回は私の治療症例(審美歯科)について載せていきます。

22歳 男性 大学生の方で、前歯審美障害を主訴に来院されました。

 

左上1番は、根管治療の後審美回復の為、ポーセレンクラウンで被せました。

変色していた右上の1番は、根管治療後削って被せるのが一般的だと思いますが、当院では異なります。変色歯を漂白し、中心寄りの充填してあった所は、小さなセラミックラミネートで一部被せました。歯は出来るだけ削らない方がいいですね

上顎両側2番は、古い詰め物があったので詰めなおしを行いました。

術後のお写真です

自然な色み、形態を付与したことで審美性の獲得ができました。

患者さんは、「治療が終了し、自然に笑えるようになりました。」

と、喜んでおられました。

次の写真は、大学卒業後郷里へ戻られ久しぶりの上京の時です。治療後7年たった時で、良好な状態が保たれていました。

当院には開業当初から技工室があり、歯科技工士が常勤しているレア(5%)な医院です。

このMBは歯科技工士が20倍大の顕微鏡でマージン(被せ物と歯のキワのラインのこと)を合わせ製作しました。長く使うためには、審美性はもちろんですが歯肉へ害が出るようなマージンでは歯周病の危険性があります。

これは私が長年行ってきた治療の中の1症例です。これから定期的に私の症例をご紹介していければと思っています。

国立市で歯医者をお探しの方、審美歯科に興味のある方は一度ご相談ください。

スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る