開咬の矯正治療例(20代女性 治療期間1年10ヶ月)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

開咬の矯正治療例(20代女性 治療期間1年10ヶ月)

開咬(前歯が開く)の治療例(Before&After)と解説

開咬の矯正治療例

年齢・性別 20代女性
治療期間 1年10ヶ月
抜歯 親知らずのみ抜歯
治療費 1,000,000円(矯正装置料・調整料・保定料・経過観察料込)

開咬というのは、上下の歯で噛み合わすことができない状態のことをいいます。この患者さんは、開咬以外に「前歯の歯並びがガタガタ・出っ歯・口元が出ている・横顔であごが無い」等、気になるとのことでした。歯並びの問題点は、まず強すぎる歯軸傾斜。これによって、

歯列アーチが狭窄→スペース不足→歯並びの乱れ→噛み合わせの乱れ→下顎位のずれ

をおこしています。治療方針は、

歯軸傾斜改善→アーチ狭窄改善→スペース不足改善→歯並びの乱れ改善→噛み合わせの乱れ改善→下顎位のずれ改善

以上が歯に対するアプローチですが、歯に対するアプローチだけでは良い矯正治療はできません。口腔周囲筋(唇・舌 等)のアンバランスを改善しなくては、このケースは治りません。

この開咬(前歯が開く)患者様の体験談・感想

この開咬(前歯が開く)患者様の体験談・感想

歯科矯正治療について詳しくは矯正歯科ページからご覧ください >>

トップへ戻る