子供の出っ歯の小児矯正治療例(小学性男児 治療期間1年5ヶ月)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

子供の出っ歯の小児矯正治療例(小学性男児 治療期間1年5ヶ月)

出っ歯(上顎前突)の治療例(Before&After)と解説

子供の出っ歯の治療例

年齢・性別 小学生男児
治療期間 1年5ヶ月
抜歯 なし
治療費 50万円(矯正装置料・調整料・保定料・経過観察料込)

この患者さんの「出っ歯」は下顎が後方にずれてしまったことによるものでした。(写真e)
また 治療前は下顎が右側にもずれていました。(写真a)
上顎が舌低位による成長不足で、前歯は凸凹になっています。(写真c)
このまま他の永久歯が生えてくると凸凹はもっと大きくなるでしょう。
治療方針は狭い顎骨を本来の大きさに拡大し、下顎の位置の改善をすること。
そして、良い歯並びが安定するために歯のまわりの筋肉(舌・唇)のバランスを整え、鼻呼吸を獲得してゆきます。
成長期(混合歯列期)の矯正治療は骨格に積極的にアプローチできます。

子どもの歯科矯正治療について詳しくは小児矯正歯科ページからご覧ください >>

トップへ戻る