前歯の審美歯科治療の1例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

前歯の審美歯科治療の1例

こんにちは。院長のDrヒサユキです。

今回も前回に引き続き、前歯の審美歯科治療の症例をご紹介していきます。

患者さんは20代前半の女性で噛み合わせと歯の審美性を主訴に来院されました。

治療前の写真です

一見すると問題ないように見えますが、患者さんにとっては主訴である噛み合わせと前歯の審美でお困りになっていたのです。

その影響もあってか、私の第一印象は口元に自信がなく、明るい笑顔が見られないという印象を受けました。

今回は審美歯科をテーマにしているので、噛み合わせの治療に関しては割愛しますが、治療の流れとしてまず矯正治療を行い、噛み合わせの治療を行いました。

その後、前歯の審美治療を行っています。

そこでまず治療後の写真を見ていただきます。

一見するとどこを治したのか?と思われる方が多いかと思います。

今回の前歯の審美治療に用いたのは「ラミネートベニア」と呼ばれる方法です。

この方法は歯の表面を一層削合して、型取りを行い、技工士の方で薄いセラミックを作製し、それを表面にセメントにて固定するという方法です。

この患者さんの審美不良は色調、形態の両方の面での改善が必要でしたのでこの方法を用いました。

この患者さんの場合、ラミネートベニアを行うにあたり、難しい点があります。

歯茎の状態です。この方は歯茎が薄く、審美補綴(今回のラミネートやオールセラミッククラウンなど)をするのが難しい歯茎でした。

その点を解決するのは、ドクターはもちろん衛生士、技工士の腕も必要になります。

当院ではこのような審美的欲求が高く、難しい症例の場合、世界でも指折りの技工士の方にお願いしております。

その完成度を拡大写真で確認してみましょう。

私たちから見ても非常に綺麗で、機能的なものになっています。

患者さんも感動されていました。

治療後、患者さんの素敵な笑顔を多く見られるようになり、幸福感を感じていただけたのが何より嬉しかっったです。

このように審美歯科にもいくつか方法があります。当院ではその患者さんに合わせた治療、方法を提案させて頂き、治療を行っています。

国立市で審美歯科をお探しの方、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

スタッフ一同、お待ちしています。

トップへ戻る