子供の叢生の小児矯正治療例(8歳男児 治療期間1年1ヶ月)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

子供の叢生の小児矯正治療例(8歳男児 治療期間1年1ヶ月)

子供の叢生(デコボコな歯列)の治療例(Before&After)と解説

子供の叢生の治療例

年齢・性別 8歳男児
治療期間 1年1ヶ月
抜歯 なし
治療費 500,000円(矯正装置料・調整料・保定料・経過観察料込)

小学生までのお子さんの矯正無料相談で一番多いのが、スペース不足(顎骨の成長不足)によるデコボコの歯並び(叢生)です。この患者さんも顎骨の成長不足があり、このまま永久歯がはえてくると将来小臼歯抜歯による矯正治療が必要となる症例です。

では、この患者さんの顎骨成長不足の原因は何でしょうか?  
それは、「低位舌」です。つまり本来の舌の使い方ができておらず、それが不正歯並びの原因となっています。ですから、この患者さんの治療は、まず顎骨を拡大(拡大装置は取り外しの出来る 目立たない装置です)した後、舌・口唇等のアンバランスをとるための筋肉トレーニングを行います。筋肉のアンバランスを改善せずに矯正治療をしても良い結果は出ませんし、後戻りもしやすくなります。

矯正治療は、歯にアプローチしてゆく治療ですが、歯並びだけ診ていては 良い治療は出来ません。

小児矯正について詳しくは小児矯正歯科ページからご覧ください >>

国立の矯正歯科で歯並び矯正治療をお考えの方は無料相談をご利用下さい

国立矯正歯科

国立駅すぐの矯正歯科である壱番館デンタルオフィスでは歯並び矯正に関する無料相談・セカンドオピニオンを実施中です。矯正治療実績豊富な矯正歯科医が矯正の治療費や期間、装置の選択肢なども含めご相談・ご質問にお答えしますので、ぜひお気軽にご活用ください。

トップへ戻る