すきっ歯(犬歯埋伏)の矯正治療例(男子中学生 治療期間2年1ヶ月)|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

すきっ歯(犬歯埋伏)の矯正治療例(男子中学生 治療期間2年1ヶ月)

すきっ歯(犬歯が埋まっている)の治療例(Before&After)と解説

すきっ歯(犬歯が埋まっている)の治療例

すきっ歯(犬歯が埋まっている)のレントゲン

年齢・性別 男子中学生
治療期間 2年1ヶ月
抜歯 親知らず抜歯
治療費 915,000円(矯正装置料・調整料・保定料・経過観察料込)
備考 犬歯が埋もれていて生えてこず、すきっ歯になっている

この患者さんの犬歯、左上の犬歯は生えてきているのに右上の犬歯(黄色↓)が埋まったまま生えてきていません。レントゲン写真を見てみると、隣の側切歯にぶつかり引っかかっているのが見てとれます。矯正治療でこの埋まっている犬歯を引っ張り出すことは可能です。ただその前に、引っ張り出した犬歯が並ぶためのスペースを作ることが必要です。

写真でもわかるように、本来犬歯が生えるべき場所のスペース(青↓)がとても狭いです。では、このスペース不足や歯並びの凸凹(叢生)は何が原因で起きているのでしょうか?顎が小さい?歯が大きすぎる?両方とも違いです。この患者さんの場合、検査をして調べたところ顎の大きさと歯の大きさとのバランスは問題ありませんでした。原因は、歯軸傾斜でした。治療前の写真から、奥歯が全体的に内側と前方に傾斜してきているのがわかります。そして、それらの歯軸傾斜の原因の一つが親知らずでしたので、親知らず抜歯が必要となります。

矯正装置スタート時

すきっ歯(犬歯が埋まっている)のレントゲン

3か月後

すきっ歯(犬歯が埋まっている)のレントゲン

6か月後

すきっ歯(犬歯が埋まっている)のレントゲン

簡単に治療の流れを説明します。 まず上から矯正治療をスタートします。 それから、3か月後に埋まっていた犬歯にボタンという名前の矯正装置をつけます。犬歯を覆っている粘膜の一部をカットして露出した歯の表面に接着してゆきます。麻酔をして必要最小限の粘膜をカットしますので痛みはほとんどありません。

犬歯の並ぶ場所のスペースをつくりつつ、犬歯を引っ張り出してきます。6か月後に下の歯にも矯正装置をつけました。このように、矯正治療により生えていない(生えてこれない)歯にアプローチしてその歯を生かすことも可能です。

歯科矯正治療について詳しくは矯正歯科ページからご覧ください >>

国立の矯正歯科で歯並び矯正治療をお考えの方は無料相談をご利用下さい

国立矯正歯科

国立駅すぐの矯正歯科である壱番館デンタルオフィスでは歯並び矯正に関する無料相談・セカンドオピニオンを実施中です。矯正治療実績豊富な矯正歯科医が矯正の治療費や期間、装置の選択肢なども含めご相談・ご質問にお答えしますので、ぜひお気軽にご活用ください。

トップへ戻る