根っこの治療 〜再治療〜|国立の歯医者|国立t歯科

新型コロナウイルス対策について

大人の矯正歯科治療

子どもの矯正歯科治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

根っこの治療 〜再治療〜

こんにちは。

院長のDr.カズヒロです。今回は根っこの治療、根管治療のケースを見ていこうと思います。

改めて根っこの治療って何をするものなのか

簡単に説明すると、

根っこの中、根管と呼ばれる部分をきれいにできるように根管形成を行い、洗浄などを通して根管内を限りなく無菌化してあげること

になります。

言葉で述べるのは簡単ですが、無菌化することは容易ではありません。ラバーダム、マイクロスコープの使用はもちろんのこと、洗浄の時間、洗浄に使う薬液の濃度や時間など地味だけれど重要な処置がたくさんあります。

根っこの治療の再治療になると根っこの先端部まで器具が到達することも困難なことがあります。

今回のケースは根っこの先端部まで根管治療が行われていなかった症例になります。

場所は右下5番目の歯です。

レントゲンを見てみると白い根管充填材が写っているのがわかるかと思いますが、おおよそ根っこの3分の2あたりの部分から充填されているのが分かります。

これを再治療を行い、根管充填後にレントゲンを撮影したの

 

が↓

根っこの先端部までしっかりと根管充填材が入っているのが分かります。

ただ、この根管充填材の写真のみが根管治療の成否につながるわけではありません。あくまで、根管内を限りなく無菌化して患者さんの免疫力によって症状なく使えるするようにすることが重要になります。

この方は2回の処置で根管治療を終えることができました。費用は80000円頂戴しております。

このように根管治療は精密かつ無菌的に行う、そして目では見えない部分にも気を配ることが重要になります。

国立市で根っこの治療に興味のある方、一度ご相談にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る