白い詰め物(CR)の治療例|国立駅5分の歯医者|壱番館デンタルオフィス

大人の矯正歯科治療

子どもの矯正歯科治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

白い詰め物(CR)の治療例

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今回は白い詰め物、CR(コンポジットレジン)というものを使って治療した例を挙げていこうと思います。

通常、歯科の虫歯の治療では型取りをして、インレーと呼ばれる詰め物(保険だと通常銀歯)を入れる方法が取られることがあります。

しかし、このインレーにて治療する場合、健康な歯を削らなければならないことが多々あります。また、銀歯は審美的にもいいとは言えないですし、金属アレルギーの懸念もあります。

実際の症例を見てみましょう

下の左右の奥歯に銀歯、CRがしてあり、虫歯になっている箇所があります

これらの詰め物除去して、CRで直接治療すると

このようになりました

全体の状態は

今回の治療は患者様の希望もあり、時間を長めにとり、1回の治療で行なっています

この症例は1本あたり3〜4万円で行うことができます

CRという治療方法は使うCRはもちろん、手技によって予後に大きな違いが出てきます

当院で自費のCRを行う際には一つ一つの手技を確実に行い、審美的かつ予後のいいCRをするよう心がけています

国立市で審美歯科に興味のある方、自費CRに興味のある方は是非一度ご来院ください

スタッフ一同お待ちしております

トップへ戻る