CR(コンポジットレジン)の1症例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

CR(コンポジットレジン)の1症例

段々と寒くなり、年末も近づいてきました。Dr,カズヒロです。

 

今日はCR(コンポジットレジン)で治療した症例を一つご紹介します。

 

写真は左上の6番目の歯です。見ていただくと咬む面(咬合面)と隣り合う歯の面(隣接面)に渡って大きな虫歯ができていたので、その虫歯を除去した後の状態です。

 

このような場合、「インレー」と呼ばれる詰め物をすることが多いです。

 

しかし、インレーにするとどうしても歯の削る量が多くなってしまいます。

ご自身の歯をできる限り、削らないで治す方法の一つがこの「CR」で修復していく方法になります。

よく説明ではプラスチックの詰め物と言われることが多いと思います。

 

そうしたら、全てこの「CR」で治療すればいいのではと思われる方も多いと思います。

 

しかし、この「CR」による治療は直接お口の中で修復するので、非常に技術が必要になります。

ステップに分けて見ていきましょう。

 

上の写真の処置は隣接面を綺麗に修復するために「ストリップス」という透明のフィルムを用いているところです

次に「ウエッジ」という器具を挿入して、さらに形態を整える準備をします。

 

CRを充填した後です。形態が綺麗に付与されています。

 

治療終了後になります。

 

現在、「CR」の材料は非常に良くなってきています。

その向上した材料に歯科医師の技術が伴ってこれば、これまで以上に「CR」が活躍する機会は増えるでしょう。

 

国立市で歯医者を探している方、「CR」にご興味がある方、ぜひ一度ご相談ください。

 

スタッフ一同お待ちしてます。

トップへ戻る