審美歯科治療 <CR(コンポジットレジン)処置>|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

審美歯科治療 <CR(コンポジットレジン)処置>

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今回は「審美歯科治療」としてCR(コンポジットレジン)の処置を行なった症例を見ていきます。

以前よりCR(コンポジットレジン)については何度か症例も見ながら説明しています。

CR(コンポジットレジン)とは簡単に説明すると「虫歯等で無くなってしまった歯質をお口の中で直接白いプラスチックの材料を充填することで修復する」という治療法になります。

しかし、CR(コンポジットレジン)というのは即日治療を終えられるメリットがありますが、手技を適切に、かつ技術がないと歯として昨日しなくなってしまうというデメリットがあります。

治療を行う歯科医の技術が出てくるところになりますね

では、ここで症例を見ていきましょう。

右上の6番目の歯にCR(コンポジットレジン)が充填してあります。一見すると白い詰め物でわかりにくいですが、よく見るとあまり歯の形態をしていないように思われます。

実際にこの詰め物をとっていくと、虫歯がありました。

これはおそらくCR(コンポジットレジン)と歯質の接着の低下により、隙間が生じたことにより、中で虫歯が大きくなったものと思われます。

詰め物と虫歯をとった写真です。

そこにCR(コンポジットレジン)を充填していきます。

ここで大切なのがいかにCR(コンポジットレジン)を接着させ、本来の歯の形態を付与できるかです。

充填後の写真です。

症例によって適応は異なりますが、CR(コンポジットレジン)が適応されるものではこのように、審美、機能を追求して処置を行なっています。

国立市で審美歯科に興味のある方、ぜひ一度いらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

トップへ戻る