歯の移植|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

歯の移植

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今回は歯の移植について説明します。

まず、最初に「移植」とはどういう意味でしょうか。

辞書で調べてみると「移し植えることである。」と記載されています。

大きな枠組みでの移植はその通りですが、これを「医療」の枠に限定してみると

「提供者(ドナー)から受給者(レシピエント)に組織や臓器を移し植える医療行為のこと」

と記載されます。

タイトルにもあるように歯科にも「移植」による治療を行うことがあります。

その一例を写真と共にご説明していきます。

 

次の写真はある患者様の初診時の写真です。

右下の6番目の歯が欠損してます

通常ですと、「ブリッジ、入れ歯、インプラント」などの治療を行うことが多い症例です。

ただ、この患者様には親知らずがありました。

そこで「親知らずをドナーに、右下6番をレシピエントにする移植」を治療計画に入れました。

術後の写真です。

 

移植において重要なのは、迅速かつ確実に治療を行うことです。

 

抜糸後の写真です

 

レントゲン写真です

 

初期段階の固定が得られたのち経過をみて、安定することが確認できたら成功となります。

 

経過観察後のレントゲン写真です。

 

矢印の箇所に骨ができているのが確認できます。

 

終了時の写真です

 

「歯の移植」の大きなメリットは自分の歯を使うことができるという点です。自分のお口の中で移植ができるので素晴らしい治療だと思います。

 

国立市で歯の移植に興味がある方はぜひ一度ご相談してください。

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

トップへ戻る