大きな虫歯により抜くと言われた歯を抜かずに治した例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

大きな虫歯により抜くと言われた歯を抜かずに治した例

こんばんは。Dr.カズヒロです。

今回のテーマはタイトルにもあるように「大きな虫歯により抜くと言われた歯を抜かずに治した」です。

患者さんは女性。大きな虫歯により被せ物が取れてしまったことを主訴に来院されました。取れてしまった原因は被せ物の下で虫歯が知らず知らずの間に進行していたことが大きな原因の1つでした。

虫歯をとる前の写真です。

歯の根っこの部分まで大きく虫歯になっています。

虫歯の除去時の写真です。

 

その後、マイクロスコープにて根管内を見ると根管の1つにパーフォレーションが見つかりました。

このパーフォレーションというのは簡単に言えば、歯の破折、穿孔と呼ばれるものです。通常の根の治療を行ってもそのパーフォレーション部から再感染を起こし、また腫れたり、違和感が出たりしてしまいます。

しかし、根管内は通常の視野ではまず見えません。そこでマイクロスコープです。

パーフォレーション部を確認できるのは治療をする上で大きなアドバンテージになります。

そして、もう一つ重要なのが「MTAセメント」です。

このセメントは特殊なセメントで、一般的には歯の神経が露出する「露髄」が生じた際に「覆髄」(神経を覆うこと)する材料として使います。

最近ではパーフォレーションなどにも有用であることが証明されてきました。

そこで今回の症例ではマイクロスコープでパーフォレーションを発見し、MTAセメントで根管充填を行うことになりました。

術前のX線です。

 

治療後のX線です。

 

口腔内写真です。

 

白く見えているのがMTAセメントです。

このように治療方法を工夫することで、抜かなければならない歯を残していくことが可能になることがあります。

国立市で歯を抜きたくない治療をしたい方、ぜひ一度ご相談にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

トップへ戻る