削らない虫歯の治療はできる?|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

削らない虫歯の治療はできる?

こんにちは。Drカズヒロです。

タイトルにある「削らない」というキーワード。今の歯科の治療はフッ素をうまく導入したり、レーザーを使って削らないで虫歯を治療する方法もあります。

当院でも初期の虫歯に対してはプラークコントロールを促し、時にはレーザーなども使うことを考えながら極力「健康な歯質」を失わないように注意しています。

なので初期の虫歯に対しては「削らないでも治療は可能なケースがある」と言えます。

しかし、ある程度進行してしまった虫歯に対してはどうでしょうか。抗生物質や特殊な薬を塗布して虫歯の進行を防げるケースも少なからずありますが、基本的には削らざる負えないことが大半です。

そうしたら次に考えることは「健康な歯質を極力削らずに残しつつ、虫歯のみを削って治療を行う」という考えです。

歯科の専門用語でいうと「Minimal Intervention」略すと「M.I」と言います。

では、必要最小限の切削量を達成するにはどうすればいいでしょうか。

そのためには

虫歯と健康な歯質を見極めること

正確に虫歯のみを切削すること

が必要です。

どちらもよく見えなくてはいけないので、、、

マイクロスコープ」ですね

1つの小さな虫歯の症例をみてみましょう

赤の矢印部に黒い着色があります。これは初期の虫歯でそこまで大きいものではないですが、インレーという詰め物の下の部分に入り込んでる可能性があったので、切削して取ることになりました。

青の矢印部は過去に治療したプラスチックの詰め物(CR)が不適合のため切削することに(この部分を治療してよかったと思うのはもう少し後のことです)

 

マイクロスコープを除いて虫歯を見極め、小さなバー(歯を削る道具)で的確に切削しました。

お気づきでしょうか。赤色の矢印部分の黒く見えていた初期の虫歯は予想どおりあまり大きくはなく、詰め物の下までギリギリのところで到達していなかったのですが、、、

問題は青色矢印部分の不適合のCRの下の部分です。

赤くなっているのは虫歯を染め出す検知液で染め出された虫歯です。見えないところで虫歯が進行していたのです。

そして虫歯のみを綺麗に取ったのが、、

少し黒い部分がありますが、この部分は硬くなっており、進行性の虫歯ではないので残しています。これも「M.I」につながりますね。

青色部分が実は大きくなっていて、あと1年ほど治療が遅かったらおそらく症状が出てきたかと思われます。

そして、マイクロスコープ下で精密にCRを行い、修復

結果、この方は1日で虫歯の治療を終えることができました。

今回のタイトルは「削らない」がテーマでした。

虫歯には初期のものであれば削らずに経過をしっかりとみて、悪くならないようにすることは可能かと思います。

しかし、状態によっては早く治療しないとひどくなっていくケースがあるのも事実です。(今回の青色の矢印部分など)

そこで次に考えるのは「削るけどできるだけ削らない」だと思います。

そのために当院ではマイクロスコープや拡大鏡を用いてよく見ることを大切にしています。

国立市で歯医者を探している方、極力削らないで治療したい方、是非一度当院にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

 

トップへ戻る