抜歯を回避した根管治療例|国立市の歯医者|壱番館デンタルオフィス

新型コロナウイルス対策について

大人の矯正歯科治療

子どもの矯正歯科治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

抜歯を回避した根管治療例

院長のDr.カズヒロです。

今回は「根管治療」の症例をみていきます。

場所は左上の7番目の歯で、過去に他院にて根管治療をしている歯になります。

術前のレントゲン写真です。

レントゲンの写真を見てもらうと根の先の部分から根管充填材が飛び出てしまっており、その周囲にX線透過像が確認できるかと思います。

このような状態ですと感染が広がってくることが予想され、今後抜歯になるリスクを高めてしまうため根管治療を行うことになりました。

被せ物、土台を除去後、中を確認してみるとだいぶ汚れているのがわかると思います。

これらの汚れの原因は様々です。銀歯の適合、前回の治療時の感染コントロール、根管治療の精度などなどです。

根管治療の内容としてはやることは同じで

「根管内の感染原を除去し、清潔な状態で封鎖をする」

ただし、今回のケースではもう1つやることがあります。マイクロスコープの画像を見てみると根尖部が大きく開いてしまっているのが確認できます。

この状態で通常の根管充填材を入れても適切な封鎖ができないことが多いのです。

そこで今回は患者さんに説明した上で「MTAセメント」を用いて根管充填していくことになりました。

その写真です。

根管充填後のX線写真です。

特に痛みや違和感などなく、現在仮歯で経過観察を行っています。

このように根管治療を適切に行うことで抜歯になることを回避することができるケースはまだまだ多くあると思います。

国立市で根管治療をしたい、抜歯をしたくないというかた、是非一度ご相談にいらしてください。スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る