歯を抜いた後は?|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

歯を抜いた後は?

こんにちは。院長のDr.ヒサユキです。

歯を抜いた後にどのように治していきますか?

ブリッジ?インプラント?もしくは入れ歯?これらの治し方は一般的にはよく聞きます。

当院のブログを見ていただいている方はそのほかの選択肢が出てきますね!

そう!「移植」です。

今回も「歯の移植」を行なった方の症例をご紹介していきます。

患者さんは20代の女性で、奥歯の深い虫歯が主訴で来院されました。レントゲンを撮ってみると、左右の奥歯に深い虫歯が認められました。

一般的には抜いた後、両端の歯を削ってブリッジにするか、インプラントにするかです。

しかし、この患者さんには親知らずが4本あり、年齢も比較的若かったことから移植を考え、患者さんに提案しました。

まず、このような状況になった原因を取るために、生活習慣の改善、主に食事の改善をお願いしました。それから歯ブラシの重要性をお話しした上で、徹底した歯ブラシを練習しました。(ここが大事です)

ブラッシングができるようになったので、まず虫歯の大きな歯の抜歯を行いました。

その後、右下7番目の歯が手前に傾いていたのでそれを起こすために小矯正を行い、スペースが確保できたので右上の親知らずを歯の周りに歯茎を残したまま親知らずを抜きました。

その親知らずを移植するにあたり、植える側の骨の幅が狭かったので若木骨折を行い、骨を広げ移植しました。

その後根管治療を行い、セラミックで被せる治療を行いました。

その箇所に加え、左下8番目の親知らずを7番目に移植しました。この歯に関しては通常と異なり、根管治療が必要ありませんでした。

なぜかというと移植後に歯の神経が生きている反応が正常に認められたからです。本来はこのようなことは起こらないのですが、数年後に来院された時も症状もなく、噛み合わせも問題ありませんでした。

「歯の移植」はご自身の歯で噛むことができるという大きなメリットがあります。インプラントは確かにアレルギー反応が出ることが限りなくゼロに近いと言われているものです。

しかし、ごく稀にアレルギーがあることが報告されています

「移植」というものは自分の歯なのでアレルギーは出ません。また、歯根膜という歯のクッションのような役割がある組織も付与することができます。

国立市で歯の移植に興味のある方、是非一度ご相談にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

 

トップへ戻る