横向きの親知らずの抜歯症例|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

横向きの親知らずの抜歯症例

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今日は「親知らずの抜歯」の症例を見ていきます。

まず、「親知らず」って何?と思っている方にご説明していこうと思います。親知らずは8番目の歯のことで「智歯」と言います。生えてくるのが成人前後のことが多いため、「親が知らない歯」ということで「親知らず」と呼ぶことが多いようです。(諸説あり)

現代の人間は顎が退化してきています。それによりこの「親知らず」が生えるスペースがなく、顎の中に埋まったままになったり、横向きの状態でとどまっていたりします。

「親知らず」は様々な悪い症状を起こすことがあります。

まず、「親知らず」自体の虫歯。単純に歯の中でも一番奥に存在するため、歯磨きが非常に難しいです。歯磨きが出来ないと虫歯になるのは当然、その隣在歯である7番目の歯も虫歯になることがあります。

次に「智歯周囲炎」という「親知らず」の周りの歯ぐきが腫れたり、痛みが出たりする病気があります。

最近ではこの智歯周囲炎が多く、見られるように思います。それはやはり、顎の退化に伴い、横向きの「親知らず」や生えきっていない「親知らず」が多くなったからだと思われます。

他に引き起こすこととしては矯正治療終了後の咬合のズレを生じさせたり、不正咬合の原因になることもあります。

今回は「親知らず」の中でも横向きに生えている症例の抜歯を見ていきます。

この患者さんは矯正治療予定で矯正医からの抜歯依頼による抜歯です。レントゲンを見て見ましょう。

上下左右4本「親知らず」が認められますが、今回は左下の「水平埋伏歯」の症例です。

このような横向きの歯は歯茎を切開し、隠れた歯と骨を見えるようにしていきます。

この状態のままだと「親知らず」は出てこれないので、歯を切断して小さくした上で抜いていきます。

イメージとしてはこのような感じです。

その後、歯冠と呼ばれる頭の部分を取り出し、その後、歯根という根っこの部分を抜いていきます。

抜いた後の歯です。

このケースでは痛みや腫れはほとんど出ませんでした。(しかし、一般的には親知らずの抜歯後は痛みや腫れが強く出てきます。)

親知らずの抜歯は術前の診断、治療計画、処置により余計な侵襲がなく、抜歯できます。

 

国立市で歯医者をお探しの方、ぜひ一度当院にいらしてください。

スタッフ一同お待ちしています。

トップへ戻る