歯根破折歯の再植|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

歯根破折歯の再植

こんにちは。Dr.カズヒロです。

今回は歯根破折を認める歯の再植症例を見ていきます。

歯を抜かなければならない理由は様々です。虫歯、歯周病、根の病気などあります。

嬉しいことに歯科医療の目覚しい進歩によりこれらの原因により、歯を抜かなければならない機会は減ってきています。

しかしながら、歯を抜く理由の中で「破折」による抜歯は少しずつ増えているように感じます。

このブログを読んでいる中の方でも少なからず経験があるのではないでしょうか。

確かに歯が破折してしまうと抜歯が避けられないケースも多く存在します。

ただ、今から挙げる症例は「歯の再植」を行うことで1本の歯を救うことができました。

見ていきましょう。

 

右上の前歯の写真です。矢印部の箇所に線が見えるかと思います。これが「歯根破折」です。

この状態だと歯根のどこまで亀裂が入っているかわかりません。

まずは、前に症例でもご紹介した「エクストリュージョン」を行い、どこまで亀裂が入っているのかを確かめられるかやってみます。

 

ゴムの力で引っ張り出しているところです。

 

だいぶ出てきましたが、矢印部にまだ亀裂が認められます。これ以上引っ張り出すわけにもいかないので、歯ぐきを切って確認することにしました。

術中の写真はここでは出しませんが、結論からお伝えすると根の先端部まで亀裂が到達していました。

通常、ここまで亀裂が入っている場合、ほぼ抜歯になります。

ただ、今回は「再植」をやってみることになりました。

 

「再植」にあたり一番大事なのは根っこの周りにある「歯根膜」という組織をいかに生かしていけるかにかかっています。生理食塩水を含んだ清潔なガーゼで把持し、歯科の接着剤で綺麗に止めていきます。

そして、元の位置に戻して歯根をしっかりと固定していきます。

出血があるので白黒にしてますが上の写真のように固定します。

術後の写真です。矢印部が元々亀裂が入っていた箇所になります。

この症例では予後が良く、被せ物を入れることができました。

 

 

被せ物を入れてから半年後のレントゲン写真です。特に大きな問題は起きていません。

この症例から言えるのは、どんな状態でも一度トライしてみるのは大切だと実感しました。

 

歯を抜かなければいけない状態だけれどもなんとかしたい方、国立市で移植や再植に興味のある方、一度ご相談ください。お待ちしております。

 

 

トップへ戻る