歯の痛みの原因は|国立駅5分の歯医者・矯正歯科|壱番館デンタルオフィス

歯内療法

咬合治療

矯正治療

お問い合わせ・ご相談

042-572-8449

東京都国立市東1-17-8 ベルメゾン国立1F

歯の痛みの原因は

投稿日:2018年1月12日

カテゴリ:予防歯科

今日は東京でも最高気温が6度前後、とても寒い日が続いています。

こんにちは。Dr.カズヒロです。

これまでブログや当院の症例をHPに載せてきた内容は比較的専門的な内容が多かったです。

そこで、今日はそもそも歯の痛みはなぜ起きるのか。それを説明してみようと思います。

歯の痛みと言っても原因は様々です。

「虫歯による歯の痛み」「歯茎が原因の痛み」「噛み合わせが原因の痛み」、、、など多岐に渡ります。

今回は「虫歯が原因の場合」について

虫歯には重症度によってCo、C1〜C4までに分類することができます。

上のイラストはその虫歯の状態のものになります。

そこで問題です。どの虫歯から痛みは出るのでしょうか。

 

 

 

 

答えはC2からになります。

歯の構造は大まかにエナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)からなります。

 

C1の虫歯はエナメル質までにとどまるもの→痛みなし

C2の虫歯は象牙質に達するもの→冷たいものがしみたり、少し痛みを感じる

C3の虫歯は歯髄に達するもの→何もしなくても痛みがあり、激痛を認めます。

 

ここからわかることは早期に虫歯を発見し(C1までの早期虫歯)早期に治療をすることで痛みを伴わずに治療することができます。

しかしながら、C1の虫歯は一般の方にはわからないかと思います。

歯の検診を1年以上受診されてない方は要注意です。

国立市で歯医者をお探しの方、ぜひ一度いらしてください。

スタッフ一同お待ちしております。

トップへ戻る